トップ催事率川神社 三枝祭(ゆりまつり)

催事

一覧へ戻る

夏 率川神社 三枝祭(ゆりまつり)6月17日

1300年前にも記録のある、奈良市最古とされる神社の由緒ある祭事。御祭神の姫神・ヒメタタライスズヒメノミコトが笹百合の咲き誇る三輪山のふもとにお住まいだったとする故事にちなみ、笹百合で飾った酒樽を神前に奉献する。
6月16日午前、三輪山で採れた笹百合(三枝)の花が大神神社から届けられ、ささゆり奉献行列がJR奈良駅から率川神社へと続く。
翌17日の例祭では、約350本もの笹百合で周囲を飾った白酒・黒酒(しろき・くろき)が入った酒樽が神前に供えられたのち、笹百合を手にした4名の巫女による神楽「うま酒みわの舞」が奉納される。
午後には七媛女(ななおとめ)や、ゆり姫、稚児行列の安全が祈願され、その後花車とともに市内を巡行し、沿道は華やぐ。

ささゆり奉献行列 6月16日 11時頃~
例祭 6月17日 10時半~
七媛女・ゆり姫・稚児行列安全祈願祭 13時15分~

※例祭は混雑するので現地到着はお早めに

問い合わせ:率川神社 TEL:0742-22-0832
大神神社 TEL:0744-42-6633

ページトップ

背景写真 写真提供:一般財団法人奈良県ビジターズビューロー  撮影者::澤戢三