トップ名所

名所

井上神社

祭神は井上内親王とその子・他戸親王。井上内親王は聖武天皇の皇女にあたり、天智天皇の皇孫であった白壁王(後の光仁天皇)の即位とともに770年に皇后になりました。しかし難波内親王を呪詛したとの疑いをかけられ、皇太子である他戸皇子とともに廃位され、773年に幽閉の地で母子ともに亡くなりました。
その後、落雷・風水害・地震・日食などの天災が続き、井上内親王母子の祟りと畏れられ、800年に両者を神として祀ることで鎮魂が図られました。

その他の写真

メッセージ

拝観・見学料 拝観無料
住所 奈良市井上町17
電話番号
交通手段 奈良交通バス市内循環線「田中町」下車徒歩1分
奈良町情報館からの時間 徒歩約10分
営業時間・定休日
URL
備考

<<一覧ページへ戻る