トップ名所

名所

春の大乗院庭園

名勝 大乗院庭園文化館

大乗院は寛治元年(1087)に創建された興福寺の門跡寺院でした。創建当初は一乗院と共に現在の奈良県庁あたりにありましたが、治承4年(1180)の南都焼き討ちで大乗院は禅定院(元興寺の門跡寺院)が存在する現在地に移り、江戸時代末まで続きました。
その間、室町時代の徳政一揆により灰燼に帰し、その復興時に、銀閣寺庭園を手掛けた作庭の名手“善阿弥”が関わった貴重な作庭遺構とされています。庭園の構成は平安時代から鎌倉時代に見られる浄土式庭園とも言われています。

その他の写真

メッセージ

名勝旧大乗院庭園に併設されている名勝大乗院庭園文化館には資料室があり、大乗院模型および大乗院に関わる資料を展示しております。
文化館内ホールでは、庭園を観賞しながら休憩していただくこともできます。
ご希望に応じて庭園歴史の説明も致します。
また館内には和室・茶室、会議室、展示室があり、低料金にて俳句・短歌会、お茶会、個展など一般の方々にご利用いただいています。

館長 植田さん館長 植田さん

拝観・見学料 ○名勝 大乗院庭園文化館 入館無料 
○名勝 旧大乗院庭園 入園料 高校生以上 100円 小・中学生 50円 小学生未満 無料
住所 奈良市高畑町1083-1 (奈良町おさんぽMAP D-4)
電話番号 0742-24-0808
交通手段 JR・近鉄奈良駅から奈良交通バス 「奈良ホテル前」下車すぐ
奈良町情報館からの時間 徒歩約7分
営業時間・定休日 9:00~17:00
月曜定休(祝日の場合はその翌平日) 年末年始(12月26日~1月5日)・祝日の翌平日休
URL http://www.narahotel.co.jp/cms/daijyo_in_toha.html
備考

<<一覧ページへ戻る