トップ名所

名所

極楽堂

地蔵会 万燈供養 地蔵会 万燈供養

節分会 火渡り 節分会 火渡り

世界遺産 元興寺

現在の元興寺は、奈良時代の718年に創建された大伽藍の僧房の一部が残ったものです。
平安時代に僧房の一室に祀られていた浄土曼荼羅(智光曼荼羅)の信仰が盛んとなり、鎌倉時代の1244年に東側の一部を現在の極楽堂へと改造すると、人々の納骨信仰の中心地として大いに栄え、江戸時代のはじめまで続きました。
明治以降は無住でしたが、昭和中期に復興して建物の解体修理と境内の整備が行われました。1999年には世界文化遺産に登録されています。

その他の写真

  • 国宝 極楽堂・禅室
  • 浮図田
  • 東門
  • 地蔵会 万燈供養

メッセージ

元興寺は我が国の仏教史をそのまま示す歴史を持つ寺院であり、消されて来た盛衰記を秘めた場所でもあります。
官大寺元興寺の最後まで生き残った僧坊遺構が現在の元興寺です。僧坊とは僧侶の住居であり学舎でもあり、つまり、生の仏教の場と言えます。この僧坊(学寮)で根本仏教の三学「戒・定・慧」を見つめ直してください。
「戒」とは反省できる生き物としての人間に特有の行為であり、人類共通の提起です。「定」とは心を見つめ、心を直し、心を動かす行為であり、これもまた人間の崇高な目標です。三学の背景には、釈尊の成仏を信ずる「信仰」が最も重要なのです。

住職 辻村さん住職 辻村さん

拝観・見学料 大人500円 大学生・高校生300円 小学生100円
団体 (20名以上)それぞれ1割引 障害者 それぞれ半額
※特別展示期間は料金の変更あり
住所 奈良市中院町11 (奈良町おさんぽMAP B・C-4)
電話番号 0742-23-1377
交通手段 近鉄奈良駅から徒歩12分 JR奈良駅から徒歩20分 奈良交通バス 市内循環線「福智院町」バス停下車 徒歩5分 東門P (12台) 北門P (大型バス2台・要予約)
奈良町情報館からの時間 徒歩約4分
営業時間・定休日 9:00~17:00 (入門 16:30まで) 無休
URL http://www.gangoji.or.jp/
備考

<<一覧ページへ戻る